人身事故とは

私たち名日常生活を送る中でいつ、どのような事故を起こしてしまうか分かりません。
車を運転するときには細心の注意を払っていても、ほんの一瞬の気のゆるみによって事故を起こしてしまう事もあります。
またその反対に自分は気を付けていても周りが危険運転を行ったことで事故に巻き込まれてしまうケースもあります。
そのため自分が事故に遭った時にあせらず対応するためには、どのような対応をするのか把握しておかなければいけません。
何も知らないままでは、不利な事や場合によっては損害を受ける場合もあります。

まず交通事故には人身事故と物損事故に分かれます。
物損事故は物に対しての代償を解決するだけで済みます。
しかし、人身事故の場合は警察への届け出が必要になります。
そして警察官がたちあいのもと事故現場の状態を分析し、実況見分を行います。
事故発生の状況から当事者同士どちらの方が責任を負うかなど過失割合について話し合う事になります。

人身事故の中でも被害者が重度の怪我もしくは死亡した場合や加害者が飲酒など悪質な過失の場合は、罰金刑や懲役刑を科すための裁判へと発展する事もあります。
人身事故を起こした場合は被害者の身体の確認を行い、救助が必要な時はさっきに人命救助を優先しましょう。
その後に警察に連絡を入れ現場検証に立ち会いましょう。
交通事故は何度も遭遇するものではありません。
だからこそどうしたらいいのかパニックになってしまう場合もあります。
万が一事故に遭った時に正しい判断ができるように、事故後の対処を知っておくといいでしょう。



◆推奨リンク
交通事故についての相談実績が豊富な弁護士事務所のサイトです → → 交通事故